擬音系絵本の読み聞かせ映像 ベスト3

世の中には擬音だけで成り立っているような、ある意味、無茶な絵本が存在する! しかも、子供は大喜びで大ロングセラーになっているのだ! 今回は、皆さんも童心に帰って、素直な心で読み聞かせに耳を傾けてほしい! まずは第三位! www.youtube.com 「もこ …

買うと恥ずかしい「ゴルゴ13」のワースト3

「ゴルゴ13」を買おうかなと思っても、何巻あたりから入っていいのか……? ど素人には判断ができない! そこで、 「これは絶対、やめた方がいいよ!」 というアドバイスを差し上げたい! まずは第三位! ゴルゴ13(1) (ビッグコミックス) 作者: さいとう・…

「週刊少年ジャンプ 2016年10月3日号 42号」を読んで知ったこと ベスト3

「こち亀」が最終回ということで、新聞にまで記事が載っていた。 久々に週刊少年ジャンプを購入して読んでみたのだが、知っている漫画がほとんど無いので、大した感想は書けそうもない。 週刊少年ジャンプ 2016年10月3日号 42号 作者: 集英社 出版社/メーカ…

要点を激しくまとめている本 ベスト3

「こんな本を読むくらいなら、まとめサイトでも眺めていた方がマシじゃねえのか?」 と言いたくなるような薄味の本が多い中、 「まとめ度が高い!!」 と叫びたくなるような、 ギュウギュウ詰めに要点を詰め込んだ、 人間を乗せすぎてパンパンに膨れ上がった…

タイトルが五七五になっている本 ベスト3

タイトルが 五七五に なっている そのような 本を選出 ベスト3 それではね さっそく発表 してみたい まずは第三位! 絶望は神さまからの贈りもの 作者: ひすいこたろう,柴田エリー 出版社/メーカー: SBクリエイティブ 発売日: 2016/01/29 メディア: 単行本 …

「うかたま」2008年7月号で驚いた記述 ベスト3

以前書いていた日記を読み返していたら、「うかたま」という雑誌の記事で驚いた記述のベスト3を挙げていたので、そのままここにコピペしておこう。 ↓ うかたま 2008年 07月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 農山漁村文化協会 発売日: 2008/06/05 メディア: 雑誌 …

吉田羊が表紙になっている雑誌のベスト3

テレビで吉田羊の姿を目にすると、やはり人気のある人は何を言ってもやっても面白いんだなと感心する。 私も吉田羊になら、 「釘バットで殴られたとしても、少しも痛くないのでは?」 と思う程度には大々にわかファンなので、雑誌の表紙でベスト3を選出して…

いま読みかけの本 ベスト3

はてなブログからメールが来て、以下のように書いてあった。 はてなブログをご利用いただきありがとうございます。何でもベスト3 を開設して2年が経ちました。 はてなブログでは目(id:ankoro)さまのブログライフがより楽しいものになるよう、これからもサー…

「ことばの花束―岩波文庫の名句365」の名言 ベスト3

押入れを整理していたら「ことばの花束―岩波文庫の名句365」という文庫本が出てきた。 岩波文庫から選ばれた、三冊ある名言集シリーズの最初の一冊である。 適当にパラパラ読んでも最初から読んでも同じ密度で、どのページも言葉が濃い。 そもそも「岩波文庫…

小学館「入門百科シリーズ」のベスト3

かつて持っていた、そして熱烈に愛読していた小学館の「入門百科シリーズ」を懐かしんでみよう。 そして、いま現在の自分への影響についても考えてみたい。 まずは第三位! 妖怪なんでも入門 (小学館入門百科シリーズ 32) 作者: 水木しげる 出版社/メーカー:…

読書周辺の話題で言いたいこと ベスト3

今回はシンプルに、読書関係の話題で少々言いたいことを三つ挙げてみたい。 まずは第三位! 「で、あなたは読んだの?」という、ちくま文庫のしおり! これは何となく嫌味ったらしい。 しかし、調べてみるとこれが嬉しいという人も結構いるらしい。 ちくま文…

書店で買うのに多少の勇気が必要な写真集 ベスト3

写真集を買う場合、普通に週刊誌や小説を買うのとは別種の勇気が必要になるケースがある。 今回は、そんな写真集のベスト3をご紹介してみよう。 まずは、衝撃的な第三位。 死体のある光景―写真集〈デス・シーン〉 作者: キャサリン・デューン,大塚一軌 出版…

「ジョジョの奇妙な冒険」第三部への入り口 ベスト3

「ジョジョの奇妙な冒険」の第三部を読んでみたいのだが、一体どのルートでどの本を買えばいいのか、さっぱり分からない! そんな悩みを持っている人々のガイドとなるように様々な版型や記録媒体の中からッ! ベスト3を選んでみた! さて現在、最もノーマル…

今年こそは!と思っていること ベスト3

今週のお題「今年こそは」 新たに始めたい趣味や、長年叶えたいと思っていたこと。あるいは克服したいことなど。年始めにブログで決意表明をしてみませんか? 新たに始めたい趣味はこれといって無いが、ここ数年で何とか叶えたいと思っていることは幾つかあ…

「誰も書けなかった『笑芸論』」でへーッと思った箇所 ベスト3

本書は高田文夫が、これまでの生い立ちやお笑い関係者との交友を綴った本である。 誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで 作者: 高田文夫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2015/03/10 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含む…

三島由紀夫の「仲間」が収録されている文庫本のベスト3

2015年は三島由紀夫の生誕90周年、かつ没後45年という年である。 しかし、世間的にはこの話題について、ひっそり閑としている……。 静か過ぎるほどに……。 そんな中、わが「何でもベスト3」では、微力ながらもネットの大海の隅っこの方で盛り上げていきたい!…

あくまでも「ピザパイ」と言い張りたい人のための本 ベスト3

いつの間にか世の中では、 「ピッツァ」 という名称がすっかり定着しているようだ。 ピッツァ プロが教えるテクニック 作者: 柴田書店編 出版社/メーカー: 柴田書店 発売日: 2010/07/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 4人 クリック: 332回 この商…

観たいと思っているものの結局は観ていない映画 ベスト3

長年「観たい」と思ってはいるものの、結局は観ていない映画が沢山ある。 今回は、そのような映画を(観てもいない癖に)順位付けし、紹介してみたい。 まずは第三位! インセプション [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2011/07…

同姓同名の吉田健一さんのベスト3

吉田健一と言えば、吉田茂の息子で、英国仕込みの教養があって「ケケケ」と笑う食いしん坊で、イヴリン・ウォーの翻訳をしていたりする文士だ! 吉田健一 作者: 長谷川郁夫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/09/30 メディア: 単行本 この商品を含むブロ…

「人生に影響を与えた1冊」のベスト3

今週のお題は「人生に影響を与えた1冊」だ! 「1冊」 と指定されながらも、同時にベスト3を選ばなければならないという、このブログの宿命の星のもと、華麗にベスト3を決めてみたい! まずは第三位! 火の鳥 2 未来編 (月刊マンガ少年別冊) 作者: 手塚治…

同姓同名の鈴木大介さんのベスト3

日本全国津々浦々に存在する、鈴木さん! そして、同様に多くいる大介さん! そのような、ありふれた「鈴木大介」界の中での熾烈な争いに勝ち抜いて、 「有名な鈴木大介さん」 ゾーンに入った人を、さらにもう一度、順位づけをするという過酷な企画! それが…

幼稚園か小1の頃に読んだものの、内容をほとんど覚えていない本 ベスト3

幼稚園か小1の頃に読んだものの、内容をほとんど覚えていない本……。 それらは、記憶の霧の彼方に行ってしまった……、 人格形成の肥やしになったのかどうかすら、よくわからない……。 という、 ぼんやりとした、ミステリアスな本たちである……。 そんな微妙な本…

人と人との意外な縁 ベスト3

意外な縁によって、人と人、あるいは人と物とは繋がっている……! 驚きと感動と、そして奇異の念に打たれるような「縁」を三つ選んでみた! まずは第三位! 鬼龍院花子の生涯 [Blu-ray] 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) 発売日: 2015/09/09 メデ…

「何でもベスト3」の夏支度 ベスト3

今週のお題「夏支度」 ボーナスの使い道をあれこれ考えたり、帰省の準備、ダイエットの計画、ゲリラ豪雨対策、新しい水着やビアガーデンを調べたり、クリアしたいゲームを用意したり……。この夏に備えていることを教えてください。夏休みにやりたいことのメモ…

自分でも半ば忘れかけていたくせに、急に人に勧めたくなった本 ベスト3

最近、アマゾンのインスタントストアという形で、おすすめする本のリストを作っている。 おすすめの本 中には、自分でも忘れかけていて、 「あっ、そういえばあれは実にいい本だった!」 と急に思い出して、慌ててリストに入れている本もある。 今回はそのよ…

はじめに

「音楽」「本」「映画」ほか、自分の好きなもののベスト3を挙げていくブログです。 たまにワースト3も挙げます。 別の記事へジャンプ(ランダム)