読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「週刊少年ジャンプ 2016年10月3日号 42号」を読んで知ったこと ベスト3

スポンサーリンク

 

こち亀」が最終回ということで、新聞にまで記事が載っていた。

久々に週刊少年ジャンプを購入して読んでみたのだが、知っている漫画がほとんど無いので、大した感想は書けそうもない。

 

週刊少年ジャンプ 2016年10月3日号 42号

週刊少年ジャンプ 2016年10月3日号 42号

 

 

それでも無理気味に、知ったことのベスト3をひねり出してみよう!

 

まずは第三位!

秋本治先生は「こち亀」終了後にもまだまだ漫画を描くつもりらしい!

 

今冬、秋本治は帰ってくる。

 

と題された見開きのページがあって(P.48~49)、

 

40年間に及ぶ激動の日々を経ても創作への情熱は燃え続け、消えることなし!新境地へと踏み出す新生・秋本治の作品群を、一挙紹介!

 

などと、わが目を疑うようなことが書いてあった。

 

しかも「京都女子学院物語」「BLACK TIGER」「いいゆだね!」「Mr.Clice ミスター・クリス」と、どれもこれも若い女の子が主人公である。女の子の絵以外、まったく他のキャラクターが描かれていない。

40年もの間、オッサンを描くのに精魂を注いできた反動としては、あまりにも分かりやすい結果であるが、冬からの秋本先生のご活躍に期待したい。

 

 

続いて第二位!

真ん中に収録されている、カラーの第一話が意外と長い!

やけに長いなと思って見てみたら、30ページもあった!

猫のお茶漬けのくだりなど、つい本気で喜んでしまったほどの楽しさだ!

 

 

さあ、

いよいよ、

第一位は!

 何と、肝心の最終回は「復活キャラベスト10」という企画で、まったく知らないキャラクターだらけだった!

 初対面なのに「復活!」「復活!」と、復活だらけなのだった!

 

 

まったく自分とは関係のない学校の、学年が異なる、関係ないクラスの同窓会に出席したような気分だ!

しんみりするタイミングを、完全に逃してしまった!

そういう訳で、さようなら!両さん

 

【ミニ知識】ちなみに矢野顕子もデビュー40周年だそうです!

 

別の記事へジャンプ(ランダム)