読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

”オルガンの女王” シャーリー・スコットの演奏 ベスト3

ジャズ 動画 音楽
スポンサーリンク

 

「オルガンの女王」と呼ばれているシャーリー・スコット!!

かなり好きです!

CDも、アナログ盤でいうなら十数枚分所持している!

なぜなら、CD4枚組のセットを2セット持っているからだ(これだけで13枚分)!

 

7 Classic Albums

7 Classic Albums

 
Six Classic Albums Vol 2

Six Classic Albums Vol 2

 

 

そこで、今回はYouTubeで聴いて感心した、レアな、まだ所持していないシャーリー・スコットの演奏ベスト3をお送りしたい!!

 

まずは第三位!

 

 

The Eddie Davis Trioの「Street of Dreams」!

何と、

 

Perhaps the most unusual pairing of genius.

Count Basie and 21 year old Shirley Scott play the blues.

 

21歳の時の演奏らしい!

しかも、カウント・ベイシーとの共演!

カウント・ベイシー楽団の人気奏者、エディ“ロックジョウ”デイヴィスのアルバム関連らしい!

 

Count Basie presents The Tenor of Eddie Lockjaw Davis by Eddie Davis, Joe Newman, Shirley Scott (2009-07-14) 【並行輸入品】

Count Basie presents The Tenor of Eddie Lockjaw Davis by Eddie Davis, Joe Newman, Shirley Scott (2009-07-14) 【並行輸入品】

 

 

このCDっぽいぞ!

 

 

続いて第二位は!

 

 

またもやエディ関連の、

「Misty」!

 雰囲気がありすぎて、むせ返るようだ!

 

ちなみにこの二人の共演は沢山あって、まとめ的なアルバムもある!

 

ザ・ベスト・オブ・エディー・ロックジョー・デイヴィス&シャーリー・スコット

ザ・ベスト・オブ・エディー・ロックジョー・デイヴィス&シャーリー・スコット

 

 

ちなみに、シャーリー様の旦那もテナー奏者のスタンリー・タレンタインだ!

 

ヒップ・ソウル

ヒップ・ソウル

 

 

さあ、

いよいよ、

第一位は!!

 

 

「 The Blues Ain't Nothin' But Some Pain」だ!

何と、オルガンのみならずヴォーカルまで披露している!

いや、むしろヴォーカル中心だ!

そして、何となく思っていた通りの声で嬉しい!

 

The Blues Ain't Nothin' But Some Pain (Longer Version)

The Blues Ain't Nothin' But Some Pain (Longer Version)

 

 

という訳で、そのうちダウンロードしてみたいほどの名曲だった!

皆さんもこれを機に、シャーリー・スコットの名盤に触れてみてはいかが?


別の記事へジャンプ(ランダム)