読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

要点を激しくまとめている本 ベスト3

スポンサーリンク

 

 「こんな本を読むくらいなら、まとめサイトでも眺めていた方がマシじゃねえのか?」

と言いたくなるような薄味の本が多い中、

「まとめ度が高い!!」

と叫びたくなるような、

ギュウギュウ詰めに要点を詰め込んだ、

人間を乗せすぎてパンパンに膨れ上がった貨物列車のような本を選んでみた。

 

まずは第三位!

 

要点で学ぶ、デザインの法則150 ?Design Rule Index

要点で学ぶ、デザインの法則150 ?Design Rule Index

 

 

「要点で学ぶ、デザインの法則150」だ!

 

 <150の項目>
3次元感覚/80対20の法則/アッベの原理/アクセシビリティ/美的・ユーザビリティ効果/アフォーダンス/アラインメント(配列)/擬人観/仮現運動/元型/エリア・アラインメント(領域配列)/魅力バイアス/ベビーフェイス効果/バック・オブ・ザ・ドレッサー(家具の裏側)/バイオフィリア効果/黒の効果/青の効果/カテドラル効果/チャンキング/古典的条件付け/閉合/認知的不協和/共通運命/比較/確認/確証バイアス/一貫性/恒常性/制約/輪郭線バイアス/制御/コンバージェンス(収斂)/費用便益分析/群衆の知/守りやすい空間/処理の深さ/連合チームによるデザイン/希望線/開発サイクル/ダニング・クルーガー効果/エントリー・ポイント/エラー/期待効果/フェイス率/安全率/フィーチャー・クリープ(機能の増殖)/フィードバック・ループ/フィボナッチの数列/図と地/フィッツの法則/5つの帽子掛け/フレキシビリティの二律背反性/フロー/寛容性/形態は機能に従う/フレーミング/凍結・逃走・闘争・放棄/ゲーミフィケーション/ごみ入れごみ出し/光沢感バイアス/黄金比/よい連続/緑の効果/グーテンベルクダイヤグラム/ハンロンの剃刀/ヒックの法則/階層/欲求階層説/強調/ホラー・ヴァキュイ(空間恐怖)/狩猟本能と養育本能/アイコン表現/IKEA効果/非注意性盲目/干渉効果/逆ピラミッド/反復/KISS/プレグナンツの法則/階層化/最上位桁(左端桁)効果/レジビリティ(判別性)/ライフ・サイクル/平均顔効果/マジック・トライアングル/マッピング/MAYA段階/メンタル・モデル/単純接触効果/擬態/記憶の補助手段/モジュール方式/正規分布/NIH症候群(自前主義)/ナッジ/オッカムの剃刀/オペラント条件付け/方向感受性/作業負荷/性能 VS. 好み/語音象徴/画像優位性効果/プライミング/段階的開示/命題密度/眺望-隠れ場/プロトタイピング/近接効果/リーダビリティ(可読性)/返報性/再生記憶より再認記憶/赤の効果/冗長性/根本原因/ロゼッタ・ストーン/3分の1の法則/サン・ブナンの原理/満足化/サバンナの優位性/スケーリングの誤解/希少性/選択バイアス/自己相似性/系列位置効果/反応形成/SN比/類似性/ソーシャル・トラップ/スティッキー性/ストーリーテリング/構造形態/サンク・コスト効果/超正常刺激/対称性/脅威検出/上方照明の先入観/不気味の谷不確定性原理/一定結合性/ヴェブレン効果/ビジビリティ(可視性)/視空間での共鳴/レストルフ現象/わび・さび/ウエスト・ヒップ比/経路探索/最弱リンク/白の効果/黄の効果/ツァイガルニク効果

 

150もの項目を、律儀にひとつひとつ見開きで紹介している!

小さいサイズの四角い本だが、生まれて始めてコロコロコミックを目にした時のような衝撃を味わってしまった!

いかにも「小さいのに優れもの」的なオーラが出ている!

中身の濃さと小さめな姿のギャップが魅力的だ!

 

 

続いて、

第二位!

 

 

「アイデア発想フレームワーク」だ!

「日経文庫」を名乗りながら、実は新書サイズの憎いヤツだ!

 

人や集団の創造性を高めるために達人たちが編み出してきたのが、アイデア発想フレームワークです。

本書では、創造技法からデザイン思考関連まで幅広く取り上げます。

情報収集、自由発想から評価決定と、アイデアを生み出し企画へと磨き上げる各ステップで活用できる、厳選した170手法を紹介します。

 

この本もまた、ギュウギュウ詰めに詰めて170手法だ!

数え方にやや難があるが、図書館で借りて読んだ本なので、個人的にはさらにお得感アップ!!

 

 

さあ、

いよいよ、

第一位は?

 

「エクセレントな仕事人になれ!「抜群力」を発揮する自分づくりのためのヒント163」だ!

 

エクセレントな仕事人になれ!  「抜群力」を発揮する自分づくりのためのヒント163

エクセレントな仕事人になれ! 「抜群力」を発揮する自分づくりのためのヒント163

 

 

何と、163項目に渡って、トム・ピーターズの経験したエピソードや考え方が書かれている!

これ一冊あれば、もう他のビジネス書はいらない!

と言いたくなるほどの濃縮ぶりだ!

そして、読み終えてしばらく経つと、またパラパラ読み返したくなるという珍しい本でもある!

さあ、君もエクセレントな仕事人になろう!


別の記事へジャンプ(ランダム)