読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小学館「入門百科シリーズ」のベスト3

スポンサーリンク

 

かつて持っていた、そして熱烈に愛読していた小学館の「入門百科シリーズ」を懐かしんでみよう。

そして、いま現在の自分への影響についても考えてみたい。

 

まずは第三位!

 

妖怪なんでも入門 (小学館入門百科シリーズ 32)

妖怪なんでも入門 (小学館入門百科シリーズ 32)

 

 

「妖怪なんでも入門」

水木しげる入門と言っても過言でない、その内容!

これが自分の妖怪歴のスタート地点だ!

 

妖異博物館 (ちくま文庫)

妖異博物館 (ちくま文庫)

 

 

ちなみに今でも、柴田宵曲の「妖異博物館」を愛読している!!

 

 

続いて第二位は!

 

空とぶ円盤と宇宙人 (小学館入門百科シリーズ 42)

空とぶ円盤と宇宙人 (小学館入門百科シリーズ 42)

 

 

「空飛ぶ円盤と宇宙人」!!

亀の形をした謎の石や「縄文時代の土偶は宇宙服ではないか?」といったトンデモ説を色々と教えてくれた本だ!

 

 

ちなみに、今でも「TRANSIT」の怪しい感じの号を見ると胸がときめいて、ついつい手が伸びて買ってしまう!

 

 

さあ、

いよいよ、

お待ちかねの、

第一位は!

 

ウルトラ怪獣入門 (小学館入門百科シリーズ 15)

ウルトラ怪獣入門 (小学館入門百科シリーズ 15)

 

 

ウルトラ怪獣入門」だ!

この表紙の、ツインテールと新マンの目線が合っていない感じが懐かしい!

本来はもっと距離のある写真を、無理やりに縮めたことがバレバレだ!

しかし、この本を通じて怪獣の体内の器官や身長・体重等を知ることができたのだ!

 

ちなみに、今でも「酩酊!怪獣酒場」を読んでいる!

 

酩酊! 怪獣酒場(2) (ヒーローズコミックス)

酩酊! 怪獣酒場(2) (ヒーローズコミックス)

 

 

結論:私は幼稚園の頃からまったく趣味が進歩していません。