読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これまでの人生で不味かった食べ物 ワースト3

料理 ワースト
スポンサーリンク

 

たまにはワースト3をお送りしてみたい。

「不味い」とひと口に言っても、その不味さの程度はなかなか比較できないものである。

しかし、それでもこれだけは忘れがたい不味さだった!

というものを三つ選んでみた。

 

まずは第三位!

 

クロレラ入り麺のソース焼き蕎麦!

 

なぜか「クロレラ入り」を売りにした麺を使っている店があり、その店でソース焼き蕎麦を注文したところ、不味すぎて食べられないほどだった!

 

くろれら麺・つゆセット 2食入 3袋セット

くろれら麺・つゆセット 2食入 3袋セット

 

 

自分は食べ物を残すということができない性質なのだが、この時ばかりは不味さで目が眩みそうになったので、半分くらい残して、逃げるように店を去った!

そして、その店は当然ながらすぐに閉店したという!

 

 

続いて第二位!

 

サメの肉のフライ!

 

 

スーパーでサメの肉を売っていて「フライにどうぞ!」と書いてあったので、フライにして食べてみたが、不味いの何の、不味さで頭と心がいっぱいになる程の不味さ。

はじめ人間ギャートルズ風に地平線の彼方から「ま」「ず」「い」という文字が飛んでくるような不味さだった。

心に傷を負うほどの不味さだった。

 

 

十年前の日記を読み返していたところ、上記のような箇所があったので思い出した!

 

世界の美しいサメ図鑑

世界の美しいサメ図鑑

 

 

こんなものをスーパーで売る方も売る方だが、買う側も少しどうかしている!

 

 

さあ、

いよいよ禁断の、

第一位は!

 

父親の作った寄せ鍋!

 

三十年ほど前に、なぜか父親が寄せ鍋を作ったことがあり、見かけ上はまったく普通の寄せ鍋だった!

しかし、食べてみようにも食べられないほどの、目玉が凹むような不味さだったのだ!

何故か?

その理由は……、

どうやら水に材料を全部入れて、そこからグラグラと煮たせいで、ありとあらゆる種類の「旨み」が材料からすべて出てしまったためであるらしかった!

つまり、単なる「出涸らし」だらけの具を煮込んだ、寄せ鍋によく似たサムシングになり果てていたのだった!

勘弁してくれよ!

 

今、これを読んでいる皆さん!

ウソだと思うなら金をドブに捨てる覚悟で、全ての材料を水に入れてからグラグラと、長時間煮てほしい!

立ち上がれなくなるくらい不味いぞ!


別の記事へジャンプ(ランダム)