読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Too Marvelous for Words」のベスト3

スポンサーリンク

 

突然だが、昔から「Too Marvelous for Words」が好きなのでベスト3を選んでみた。

 

まず第三位!

The Nat King Cole Trio だ!

 

 

 

これが自分の中では標準的なヴァージョンと考えている!

ちなみに歌詞は以下の通り!

 

 "Too Marvelous For Words"

You're just too marvelous, too marvelous for words
Like "glorious", "glamorous" and that old standby "amorous".
It's all too wonderful, I'll never find the words
That say enough, tell enough, I mean they just aren't swell enough.

You're much too much, and just too "very, very"
To ever be in Webster's Dictionary.
And so I'm borrowing a love song from the birds
To tell you that you're marvelous - too marvelous for words.

[Musical interlude]

You're much - you're too much - and just too "very, very"
To ever be, to ever be in Webster's Dictionary.
And so I'm borrowing a love song from the birds
To tell you that you're marvelous;
Tell you that you're marvelous;
Tell you that you're marvelous - too marvelous for words

 

 

続いて第二位!

 Jeremy Frantzによる歌とギターの「Too Marvelous for Words」!

この曲はギターが似合う!

小粋なムードでサラリと歌ってくれている!

 

 

 

そして、

いよいよ第一位は!

 

オスカー・ピーターソン

 

ピアニストなのにヴォーカルもいい味を出している!

テイスト的に三位のナット・キング・コールとモロに重なってはいるが、それでもこちらを一位に推す!!

 

 

ロマンス/オスカー・ピーターソン・シングス

ロマンス/オスカー・ピーターソン・シングス

 

 

ちなみにこの曲は「ロマンス」に入っている!

実にいい声、いい歌ばかりなので、超お勧めだ!!

 

別の記事へジャンプ(ランダム)