読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボクの考えた自分で言ってみたい名台詞 ベスト3(将棋編)

スポンサーリンク

 

 将棋が好きなので、ときどき「こういうことを言ってみたいなあ」と妄想する。

 

という訳で、いきなりの第三位!

 

「棋書は二度読め!」

 

これはついつい将棋の本を買い過ぎてしまう時、自分自身に言い聞かせる言葉。

誰かに言うのも可だが、

「もう二回くらいは読んじゃったよ」

と返されるかもしれない。

そういう場合は、

「棋書は覚えるまで読め!」

と言ってみよう。


続いて第二位!

 

「将棋が奥深いんじゃねえ!人間の心が狭くて浅過ぎるだけだぜ!」

 

何かというと、

「将棋は深い・・・」

と感心してしまう、そんなありがちな一風景に活を入れる一言。

「お前が浅いだけだろ!」

と逆に突っ込まれる可能性あり。





いよいよ第一位!

 

「俺はいつも、羽生と指しているつもりだぜ!」

 

負けた時に勢いよく言ってみたいセリフである。

相手は誉められたような気がして、嬉しいかもしれない。

こちらは負けた悔しさを、変な方向へと勢いよく流すことができる。

 

別の記事へジャンプ(ランダム)